読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職(就職)活動で考えたい5つのポイント

天職活動というと、通常、転職、つまり既に働いているがさらによい仕事を探して活動することだと思われるかもしれません。

ここでは、大学生が行う就職活動こそ、最初の天職活動だということをお伝えしたいと思います。

大学生の頃から人生のゴールを求めて仕事を探したよいのではないでしょうか?

 

さて、3/1から解禁された就職(天職)活動。

皆さんはどのように進められていますか?

ひたすらエントリーシートを手書きで書いていますか?

これから、今すぐに行動に移せる5つのポイントを紹介します。

 

1つ目は、「自分の天職を設定すべし」です。

前回の記事でも書いていますが、人生のゴールとして自分にマッチした本当にやりたい仕事と出会えるよう今のタイミングから設定していくことが大切です。

 

2つ目は、「本当に天職かリサーチすべし」です。

本当に自分にとっての天職だったかどうかは、もちろん実際に働いてみないと分からないことだと思います。

なので、できるだけ早い段階で分かるような努力が必要です。

たとえば、次のようなことができるのではないでしょうか?

  • インターンを実施して、実際にやってみる
  • 実際に知っている人に聞いてみる

インターンは多くの場合3年生までの秋に実施する企業が多いので、タイミング的に難しいかもしれません。

実際に知ったいるひとに聞くというのは、いわゆる OB/OG訪問です。周りにその業界の人がいないような場合は、OB/OG訪問をマッチングしてくれるサービスを提供する会社もあるようなので、そちらを利用してみるのも良いかもしれません。

 

 3つ目は、「マイナス面も必ず確認すべし」です。

転職をする方の生理由の1つとして、想像していたものと違ったということがあります。

それはつまりどういうことかというと、プラスの面しか見えていなくて事前にマイナス面を確認しておくことを怠っていたということです。

確かに就職を希望する会社のマイナス面を事前に把握することは非常に難しいことでしょう。

しかし、これこそが天職を見つけるための重要なステップです。

先に紹介したOB/OG訪問などを利用して、できる限り生々しい情報を入手できるようにしましょう。

 

4つ目のポイントは、「エントリーシートでは積極的な自分を表現すべし」です。

日本人は自分をアピールすることが 下手であるとよく言われます。

だからこそ自分の考えている150%のアピールをエントリーシート上では行うべきです。

これは決して嘘を書くだったり、誇張して書くということを推奨しているわけではありません。

むしろ細かい表現を少しずつ変えることによって自分をアピールすることができるのではないかと考えています。

たとえば、「私は塾講師のアルバイトをしました」という一文があったとします。

私であれば、「私は塾講師として、35人の生徒を目標校に合格させました」というふうに表現します。

そうすることで、ただの経験だけではなく、ある目標などを達成することができるということをアピールすることができるわけです。

 

最後5つ目のポイントは、「とにかく楽しむべし」です。

実際、就職活動をしていると、家族や友達といった周囲からのプレッシャーに押しつぶされそうになることもあります。

ですので、とにかく楽しもうという覚悟を持って取り組む方が良いのではないでしょうか。

プレッシャーを感じながら取り組んでいたら、上手くいくものもいかなくなってしまいます。

非常に辛く大変な道のりだと思いますが、せっかくなので楽しみましょう。

 

今回は以上です。

少しでも参考になれば幸いです。