「「就職に力を入れている大学」ランキング100」に対する考察

本日、東洋経済オンラインにて、「「就職に力を入れている大学」ランキング100」という記事が掲載された。

toyokeizai.net

 

Yahoo!ニュースのトップにも入っていたので、読まれた方も多いのではないでしょうか。

皆さんは、これを読まれてどう思いましたか?

 

決してこの記事がダメだとか批判するつもりはないのですが、私はこの情報に惑わされるべきではないと感じました。

その理由は、明確で、以下の通りです。

  • そもそも調査対象者が「高校の進路指導教諭」とのことだが、母数が不明確
  • (上記にも関係するが、)全国規模で調査をせずに全国の大学をランキングしていて不公平
  • そもそも高校の進路指導教諭が、大学が実際に就職に力を入れているかどうかということを意見すること自体ナンセンス

 

そもそも調査対象が明確にされていない時点で、ランキングは意味をなさないと思いますが、仮に関東の高校を中心に調査がされていれば、地方の大学はランキングが下がってしまうのは当然です。そもそも名前すら出てこない可能性すらあります。

さらに調査の対象となった高校の生徒がよく入学する大学ほどランキングは上昇すると考えられます。今回、明治大学が異様なほどポイントが高いという事実が、この状況を物語っていると思います。

そもそも高校の先生は一体何を持って力をいれていると言えるのでしょうか。少なくとも私自身、大学に入ってから大きく印象が変わりました。外から見えている状況と内部の状況には大きな乖離があるということです。つまり、外部である進路指導共有の意見というものを100%信じることには無理があるのです。

 

ここまででこちらの記事がナンセンスであることはご理解いただけたかと思います。しかし、実はこの記事は非常に重要です。なぜなら、「就職」という観点で、大学を評価しようとしているからです。

学生のレベル(頭の良さ)で大学を評価することは簡単です。しかし、学生のレベルと就職ができるということに相関関係があるのでしょうか?おそらくないと思います。ですので、新たな就職に力を入れているかどうかという観点で大学を評価することは有益だと思います。

 

では、ここで就職に力を入れている大学という評価を正当にするためには、どうするべきかを考えてみたいと思います。

まず最初に考えられるのは、「就職率」でしょう。つまり、卒業者数(進学者を除く)のうちどれだけ就職内定者がいたかという割合です。これでは、就職に力を入れているかどうかはわかりませんね。

次に考えられるのは、イベントの数です。ここでいうイベントというのは、

  • 就職説明会
  • 個別相談会

などです。それらがどれだけ開催され、どれだけの人数が参加したかというのは非常に有効ではないかと思います。イベントを開催するというのは、就職に力を入れているということとイコールだと考えられるからです。

 

さて、それでは最後に、上位校(早慶や旧帝大など)はイベントを実施するでしょうか?実施しなくても就職できてしまうような大学であれば、大学側はイベントを開催する必要がありません。しかし、就職に力を入れいているかどうかという観点では、力を入れていないという判断もできるのではないでしょうか。

 

よって、就職に力を入れている大学というのは、就職というものを考える場をどれだけ提供しているかということだと私は考えます。

 

天職(就職)活動で考えたい5つのポイント

天職活動というと、通常、転職、つまり既に働いているがさらによい仕事を探して活動することだと思われるかもしれません。

ここでは、大学生が行う就職活動こそ、最初の天職活動だということをお伝えしたいと思います。

大学生の頃から人生のゴールを求めて仕事を探したよいのではないでしょうか?

 

さて、3/1から解禁された就職(天職)活動。

皆さんはどのように進められていますか?

ひたすらエントリーシートを手書きで書いていますか?

これから、今すぐに行動に移せる5つのポイントを紹介します。

 

1つ目は、「自分の天職を設定すべし」です。

前回の記事でも書いていますが、人生のゴールとして自分にマッチした本当にやりたい仕事と出会えるよう今のタイミングから設定していくことが大切です。

 

2つ目は、「本当に天職かリサーチすべし」です。

本当に自分にとっての天職だったかどうかは、もちろん実際に働いてみないと分からないことだと思います。

なので、できるだけ早い段階で分かるような努力が必要です。

たとえば、次のようなことができるのではないでしょうか?

  • インターンを実施して、実際にやってみる
  • 実際に知っている人に聞いてみる

インターンは多くの場合3年生までの秋に実施する企業が多いので、タイミング的に難しいかもしれません。

実際に知ったいるひとに聞くというのは、いわゆる OB/OG訪問です。周りにその業界の人がいないような場合は、OB/OG訪問をマッチングしてくれるサービスを提供する会社もあるようなので、そちらを利用してみるのも良いかもしれません。

 

 3つ目は、「マイナス面も必ず確認すべし」です。

転職をする方の生理由の1つとして、想像していたものと違ったということがあります。

それはつまりどういうことかというと、プラスの面しか見えていなくて事前にマイナス面を確認しておくことを怠っていたということです。

確かに就職を希望する会社のマイナス面を事前に把握することは非常に難しいことでしょう。

しかし、これこそが天職を見つけるための重要なステップです。

先に紹介したOB/OG訪問などを利用して、できる限り生々しい情報を入手できるようにしましょう。

 

4つ目のポイントは、「エントリーシートでは積極的な自分を表現すべし」です。

日本人は自分をアピールすることが 下手であるとよく言われます。

だからこそ自分の考えている150%のアピールをエントリーシート上では行うべきです。

これは決して嘘を書くだったり、誇張して書くということを推奨しているわけではありません。

むしろ細かい表現を少しずつ変えることによって自分をアピールすることができるのではないかと考えています。

たとえば、「私は塾講師のアルバイトをしました」という一文があったとします。

私であれば、「私は塾講師として、35人の生徒を目標校に合格させました」というふうに表現します。

そうすることで、ただの経験だけではなく、ある目標などを達成することができるということをアピールすることができるわけです。

 

最後5つ目のポイントは、「とにかく楽しむべし」です。

実際、就職活動をしていると、家族や友達といった周囲からのプレッシャーに押しつぶされそうになることもあります。

ですので、とにかく楽しもうという覚悟を持って取り組む方が良いのではないでしょうか。

プレッシャーを感じながら取り組んでいたら、上手くいくものもいかなくなってしまいます。

非常に辛く大変な道のりだと思いますが、せっかくなので楽しみましょう。

 

今回は以上です。

少しでも参考になれば幸いです。

大学受験を終えた今考えるべき3つのポイント

大学受験を終えたみなさん、お疲れ様でした。

合格発表を待っているみなさん、お疲れ様でした。まだ落ち着かないかもしれませんが、気晴らしに読んでみてください。

 

今回は、大学受験を終えた今考えるべき3つのポイントというテーマです。

今、大学受験を終えるまでに、みなさんはどれほど勉強してきましたか?

高校3年になってから頑張ったという方ももちろんいらっしゃるでしょう。一方で、高校1年から、さらには中学生の頃からという長期に渡って頑張ってきたという方もいらっしゃるでしょう。

とにかくお疲れ様でした。

そんな今だからこそ考えて欲しい、いや考えるべき3つのポイントがあるので、順に紹介します。

 

まず、1つ目は、「ゴールに向けて最適な大学か?」です。

極端かもしれませんが、医者になりたい方が、文学部の滑り止めに入学するというのは、あってよいのでしょうか?

もちろん家庭の事情など様々な外部要因があるため一概には言い切れませんが、可能なことなら浪人すべきです。

浪人は恥ずかしい?

そんなことはありません。浪人は、夢に向かって頑張る立派な選択肢の1つです。

もし、周りに何か言われたら、そう言い返してください。

浪人中ほど勉強と向き合えるタイミングはないと言っても過言ではありません。

そういう頑張ったと言える経験を積むことは非常に有益です。

 

さて、2つ目は、「大学でのマイルストーンを考えましょう!」です。

これは、将来に向けて、有効な活動をしましょうということです。

例えば、就職活動では、必ず強みや学生時代に頑張った経験などを聞かれます。それらは短時間で実施できるものではないですし、仮にできても説得力に欠けます。

ですので、それらを意識した生活を考えましょう。

外資系コンサルで働きたいという夢があるなら、英語と問題解決の経験があるとよいかもしれません。

そのためには、大学時代の時間があるうちから海外を意識し、英語のトレーニングや海外の文化と触れ合うことが重要になります。

またアルバイト先で経営課題や小さな問題があった際に、その解決に関わらせてもらうことも大事かもしれません。

そのためには入学時からどんな経験を大学生の間に積みたいのか考えて、そのマイルストーンを検討することが有益になります。

 

そして、3つ目は「とにかく遊びましょう!」です。

社会人になると驚くほど自分の時間を確保することが難しくなります。

大学生という自分の時間を確保しやすい間に、できるだけ多くの経験を積むことが大事です。

遊ぶというのはただ遊ぶというわけではなく、様々な経験を積みましょうという意味です。

 

というわけで、大事な3つのポイントをお話ししました。ポイントはいずれも前回の記事にも書いた、ゴールを意識しましょうということに繋がります。

ぜひ参考にしてください。

 

次回は3/1に解禁された就職活動について書きたいと思います。

 

私の想う進路とは 〜進路を考える上で必要な5のポイント〜

この記事は、小学生から社会人まで、自分自身の進路を考える上で最もベースとなる考え方を紹介します。ポイントを5個に絞りたいと思います。ただ、あくまでも「私の想う進路とは」と題している通り、必ずしもこう考えなければいけないという類のものではありません。

それでは、いってみましょう!

 

1. 人生のゴールを見据えるべし。

みなさんの考える人生のゴールは何ですか?

いい会社に就職することですか?いい大学に入ることですか?いい高校に入ることですか?それともいい中学に入ることですか?

私はそのどれでもないと考えています。私の想う人生のゴールは、自分の天職を見つけて実現することです。

この天職とは、「無関係に自分を鼓舞することができる職業」です。

 

2. 人生のゴールから逆算した進路を選択すべし。

「1. 人生のゴールを見据えるべし」にて、人生のゴールを設定しました。中学校、高校、大学、就職というタイミングは、その人生のゴールに向けた通過ポイントとなるのです。

マラソンに例えるなら、10km地点、20km地点、30km地点、40km地点のようなものです。ゴールである記録(天職)を達成するために、10km地点(中学校入学)、20km地点(高校入学)、30km地点(大学入学)、40km地点(就職)のそれぞれのタイミングでどうあるべきかを逆算して、目標を設定しておく必要があります。

極端かもしれませんが、将来、医者になりたいという強い目標を持った方であれば、医学部に合格する必要があります。では、逆算するとどういう中学校や高校に合格している必要があるでしょうか?やはり医学部への合格者数が多い実績のある中学校や高校への入学を目標に設定しておくべきでしょう。

 

 3. 目標としていた学校や会社への合格が叶わなかったら、即座に軌道修正すべし。

誰だって失敗することだってあります。(私は、大学合格までに2浪、入学後も実は1留しました。)失敗の大きさには色々あると思います。それでショックを受けることも当然でしょう。しかし、一番大事なことは、その失敗をどうやってリカバリするかです。

先ほどの例ですと、医学部への合格実績がある高校への入学が叶わなかったとしても、医者になる夢が絶たれたわけではありません。合格した高校で努力を重ねることで医学部に合格することもできるはずです。

別の例を挙げてみましょう。東京から福岡へ行くとき、飛行機に乗り遅れてしまいました。しかも後続の飛行機は満席で予約できません。みなさんならどうしますか?諦めますか?私なら、たとえ自由席であったとしても、向かうことのできる新幹線に飛び乗るでしょう。

このように、どのようにリカバリすれば良いかということを常に考えながら生活することがより前に進むための一歩となります。

 

4. 人生のゴールに向かうステップは、充実しているべし。

先ほどの医者という天職に向かうためのステップを考えれば、中学生や高校生の時は、ただ勉強だけして、とにかく目標へ向かうための努力をするべきだと考える人もいるかもしれません。確かにそれは最低限必要なことです。

しかし、文化祭や体育祭で頑張れない人は、医者になってもいざという時頑張れないのではないでしょうか?常に何か目の前にあるイベントに全力を注ぐことが必要なのではないでしょうか?

つまり、それぞれのステップは通過点ではありますが、充実している必要があるわけです。常に目の前のことに努力できるべきなのです。

 

5. 自分の意思を貫くべし

いざ自分で決めたゴールに向かおうとすると、周りから様々な意見(横槍とも言う)があるものです。しかし、自分で決めたことには責任を持ちましょう。その意思表示をはっきりさせることで、きっと周りも応援してくれるはずです。

 

 

いかがでしたか?

以上が、私の想う「進路を考える上で必要な5のポイント」でした。

次回は、「大学受験を終えた今考えるべき3つのポイント」を記事にしたいと思います。

 

 

「進路のみちしるべ」のターゲット

まだ全く「みちしるべ」を示していないのに、多くの方にアクセスいただき、ありがとうございます。これから徐々に記事を増やしていきますので、ご期待ください。

 

さて、「進路のみちしるべ」の読者としてのターゲットをご紹介させていただきます。要は、どういった方に読んでもらいたいかですね。

ズバリ、

  • 中学受験しようか悩んでいる小学生
  • どこの高校を受けようか悩んでいる中学生
  • 受かりそうな大学がなくて悩んでいる高校生
  • これから就職活動を始めようという大学生
  • これらの保護者の皆様
  • 就職したけど、やりたいことではなくて悩んでいる社会人

の方々です。ほぼ全ての方がターゲットです笑

 

とはいえ、それぞれの悩みフェーズ(人生の中で悩むポイントや深さは、年齢等の段階に応じてより深まっていくと思っています。それぞれの段階を「悩みフェーズ」と呼ばせていただきます。)によって、導くべき深さは様々ですので、それに合わせてカテゴリ分けしてご紹介します。

 

早速、次回は、「私の想う進路とは」というテーマでお話ししたいと思います。

 

ご期待ください!

「進路のみちしるべ」を書く人

昨日は、これから書きます!という宣言だけをさせていただきました。

今日は、その「進路のみちしるべ」を書く人について紹介させていただければと思います。それでは、いってみましょー。

 

ハンドルネーム:BT

年齢:30代

性別:おっさん

経歴:

 小学校:某国立大学付属小学校

 中学校:某私立中学校(中学受験、中高一貫校)

 高校:中学校からのエスカレータ

 大学:某国立大学理系(浪人経験あり)

 就職:某大手企業

 現在:米国発IT企業(転職経験あり)

 

ということで、小学校を受ける時から、受験やチャレンジをたくさんしてきた人生でした。そういった経験から、何か「みちしるべ」となるような情報を提供できればと考えています。世の中には似たような情報がたくさん転がっています。しかし、そのほとんどが失敗したことがない人の意見で、「こうすればうまくいく」、「こうだからうまくいかない」というものが多いように思います。私は、失敗することが悪いことだとは思いません。それで得たものも多いからです。なので、そういった観点で様々な「みちしるべ」を示していきますので、ご認識いただけると幸いです。

進路のみちしるべ

はじめまして。

 

このブログ「進路のみちしるべ」では、

  • 中学受験
  • 高校受験
  • 大学受験
  • 就職活動

に関する私自身の意見とアドバイスを、自分自身の経験と塾講師時代の経験をもとに記事にしてまいります。

 

みなさんに少しでも「みちしるべ」を示せればと考えています。

 

よろしくお願いいたします。